Nexus5 で @emobile-s.ne.jp を ハングアウト で頑張って使ってみる。

docomoからイーモバイルへの乗り換えで、キャリアメールとおさらばして、Gmailに統一しようと思ったワタクシですが、「メアド変わりました」のあいさつメールを送る際に問題発生。

まずは手始めにドコモの友人にメールを送ったら、来るわ来るわ「届きませんでした」メール。どうやらgmailがパソコンからのメールと解釈されてブロックされているみたい(あたりまえか)。そういえば私も迷惑メール多すぎてパソコンからのメールブロックしてたっけ。

それで、しょうがなく、イーモバイルから提供されている【emobile-s.ne.jp】のアドレスを運用することに。しかし!

4G-S契約×Nexus5には専用のキャリアメールアプリがない!

で、Googleの【ハングアウト】を代わりに使うのですが、これがなかなかに使いにくい。

最善(と思われる)使い方を以下に。
2014/07/28現在————–

※簡略化するために、emobile-s.ne.jpアドレスからメールを送ることを【MMS】と表記します。
※My Softbankへのメアド登録等は事前に行ってください(→イーモバイルの説明ページ

(1)ハングアウトアプリは更新しない
更新すると理由は分かりませんがMMS送信時に宛先の名前が表示されずアドレスだけになってしまいます。これは使いづらい。
【Playストア】→【左上のPlayストアと書いてある左の三本線をクリック】→【マイアプリ】→【ハングアウト】 右上の三つの点がある部分をタップして【自動更新】のチェックを解除。
すでに最新版に更新してしまっている方は、【アンインストール】ボタンを押すと初期出荷時点でのバージョンに戻ります(当方のは初期バージョンは2.0.303でした)。

(2)Email To MMS アプリを使う。
Email To MMSはとても便利なツールです。Email to Mms Name pluginと一緒にダウンロードして使いましょう。連絡帳からの簡単な操作で、MMSを送るための必要な情報を準備してくれます。送信ボタンをおすと、情報がハングアウトに転送され、再度送信ボタンで本送信される仕組みです。
アプリのページにも説明が載っていますが、開発者のnoriaさんのブログにも使い方が説明されています。

・はじめての相手にMMSを送りたい。
・件名も表示したい。
・複数の宛先に一斉送信したい。
・本文内で改行したい

って時に最適です。

(3)改行だけが問題なら【Wnn Keyboard Lab】で解決。
私の端末の初期設定では、入力システムはiWnn IME for Nexusですが、おなじオムロン製の試験的な入力システム、Wnn Keyboard Labを使うとハングアウト内で改行ができます。

・すでにやりとりがある相手に返信メールを打つときに改行がしたい!

という場合に最適です。

Androidアプリ開発には比較的自由な気風があるだけに、この情報もいつ古くなるかわかりません(数日で役に立たなくなるかもしれません)し、Nexus5も8月以降ワイモバイルから販売されるという保証もありませんので、なんとも微妙な情報ですが、同じ問題で悩んでいる方にはおすすめです。

ケータイ変えました。

DSCN2423おととい長年お付き合いしましたドコモと決別し、夫婦ともどもイーモバイルにMNPいたしました。 機種はEM01L(Nexus5)、16GBです。

なんで変えたくなったか

  1. 新いちねん割引の更新月(違約金なし)が近づいていた
  2. 妻は「メールし放題」、自分は「パケ・ホーダイダブル2」とパケット環境が貧弱で、パケ漏れを気にしながらのwi-fiメイン運用だったためややストレスあり
  3. 妻のスマホがまさかのRAM512MB、初期アプリだけでもかなり厳しい。
  4. 政府のSIMロック解除方針のニュース。向こう数年で端末0円施策は減ると読んだ。

イーモバイル×Nexus5にした動機

  1. 初月および翌月など(販売店縛りによりけり)を除けば、2年間2587円/月(税込・1台)で運用可能。これでパケット月5GBまで使えるので、もちろんパケ漏れから解放。マップのナビ運用も可。
  2. MNPで端末0円、しかも1台につきキャッシュバック驚きの5ケタ+@(販売店による)
  3. Google公式携帯のためアンドロイド最新版採用。長期間サポートがあると期待。
  4. 実はSIMフリー機(※契約時のSIMは他の端末では使えないらしいけど)。契約終了後にMVNOの格安SIMへの移行も可能。
  5. 2台目は契約手数料不要+7か月目以降違約金なしでの解約可能。
  6. 本当は以前の携帯の残債も4カ月残ってたし、少しでも違約金が減る【いちねん割引】更新翌月まで延ばしたかったけど(妻の携帯は1年以上縛りが残っているのであきらめ)、8月からイーモバイル→ワイモバイルに変更、Nexus5も取り扱い終了、現在のお得な値段設定も終了の噂。いままでぐずぐずと悩んでいたがあわてて変えに行った。

で、使った感想。

  1. さすが早い。Androidフラッグシップ機なことはある。
  2. LINE、Skype、Gmail 常時通知設定オン。以前とは雲泥の差の使いやすさに。
  3. 4G-S契約(※後述)なのでソフトバンク携帯に1-21時まで無料!ソフトバンクWi-Fiも利用可能。
  4. ありがちなテザリングオプション料金なし。屋外ではルータ代わりにも。

そりゃやっぱりダメなところも…

  1. 裏が開けられない構造のため電池パック交換できない。SDカードスロットもない。
    ストラップをつける穴がない。これはびっくり(ストラップ対応のケース購入予定)
  2. キャリアメール用アプリがない。googleハングアウトを使うが慣れるのに時間がかかる。
    電池の減りは早い。らしい。
  3. アンテナレベルが「バリ4」になる機会が少ない。ちなみにドコモはこの田舎でも結構バリ4だった。さすが。
  4. イーモバイルとはいえども、サービスのほとんどをソフトバンクが提供している(サービス名の末尾、-sがその証)ので、従来のイーモバイルとはサービス体系もサポートも異なり、戸惑うかも。

キャッシュバックの範囲で、ドコモからの転出料や違約金、残債もろもろカバーできればいいなと思っていましたが、少し赤字になってしまいました((+_+)) 原因は、書くと長くなるのでやめますが、「MNP パケット定額 日割り」とか、「月々サポート 解約 発生した月以降」などで検索すると詳しく調査できるかもしれません。
ま、外でのネット環境がストレスフリーで手に入り、以前の夫婦合わせての請求額+まあまあの金額で運用できそうなので今のところ満足です(笑)

ジェルジェットに今更ながら感動。

先日クロネコヤマトの宅急便で荷物を送りました。

野菜を入れたので(ISAMくんありがとう)できるだけ早く届く方法をと思い、営業所に直接持っていくことにしましたが、営業所の狭いスペースで宛名を書くのも面倒。

そういえば、クロネコメンバーズ登録してたら自宅パソコンで住所を事前登録して、「ネコピット」で印刷できるんだっけ。うろ覚えの情報を元に、PCで登録して、買い物や他の用事を終えていざ営業所へ。

そうしたらおなじみのネコピットの画面にエラー画面が… あらまぁ なんとなく予測はしてたけど やっぱり手書きで書かなきゃいけないかな?と思っていたら別のテーブルにタブレット端末とプリンタらしきものがあって、女性が作業中。どうやらこれもネコピットらしい。3件分のプリントアウトをされていたのでしばし待つことに。メンバーズカードに記載のあるQRコードは、タブレットについているカメラで読み込むらしい。うまいこと考えたなぁ。プリンタは勝手にレーザープリンタかと思ったらインクジェットみたい。ほー。

自分の番になったのでガイドどおり作業を進めて印刷作業に。RICOHのロゴが。そうか、ジェルジェットか。印刷自体はフルカラーだったこともあり(モードも影響しているか)そんなに早いわけでもないけど、シールタイプでミシン目も入った用紙がセットされていて、たちまちフルカラーの送り状が完成。すばらしい。

あとは手書きでも修正できるようになっていて、スタッフさんの聞き取りによって進めていって料金払っておしまい。家に帰って、はくり紙っぽいものをはがしてみたら、単なるシールじゃなくて、圧着はがき(役場からのお知らせなんかに使われるやつ)みたいにはがしたら終わりのやつだった。じっくりながめていると、配達には申し分ないくらいの印刷品位。どんなもんじゃろうと思って水で濡らしてみてびっくり。全く滲まない。ほんとかいな。なんか気になって何回も濡らしてみたけど結果は同じ。スタッフさんが書いたボールペンの字のほうが若干滲んできた。

これすごいなー。

用紙のほうも申し分ない感じ。これなら雨の日配達も、クール便への貼りつけも大丈夫そう。よう考えられてますわ。感動いたしました。

ちなみに、タブレット型ネコピットに使われている端末は NECのAGT10のよう。Android2.3で、3Gモデルもあるようなので、たぶんこれかな。NANACO/Edy/WAON決済を可能にする機能も搭載されているらしい。このサービス始まったのが2012年くらいだから、OSが古いのは致し方なさそう。

プリンタのほうはRICOHの現行機種のどれかだった気がします。ある営業所を撮影した方もいらっしゃるみたいですが、因島のはこんなに大きくなかった気が。たぶん写真のほうの物は増設カセットをつけてるのかな。

いいプリンタなので買いたいリストに加えようかと思ったら、USB接続のみのモデルはまぁまぁ安いけど、LAN接続のは2万円くらいするし、無線LANもなし。まぁ業務での使用を想定してるでしょうから有線LANのが安心でしょうけどね。

そこまで出すならレーベル印刷付とか、また別の希望が…

はい、今回もつまらぬマニアックな記事にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

メンテ。

友人からの仕事の依頼でパソコンのメンテをしています。なんでも、家にネットを引いていない(ときどき他の場所でWi-Fiを使う)ので、ウィルスパータンファイルの更新や、Windows Updateなどの更新ファイルを入れて最新の状態を保ちたいというもの。先日そういうことも必要かもしれませんねと提案していたのはいたのですが、本当に依頼されるとは、とてもいい心構えの方でらっしゃいます。すばらしい。

まずはウィルス対策ソフトのアップデート。これは3か月前にすでにダウンロードしていたので、すぐに適用が終わった。

そのあと目についたのが、メーカーが提供しているアップデート告知。なんとBIOSの更新まであった。インテルのWi-Fiのソフトなんかもあってこれは200MB近くあった。おそらくパッケージだろう。このPCに使う情報はほんの少ししかないはず。アップデートは最小ファイル構成でパッケージしてほしいなぁ。

そのあと、Window Update。なにやら「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません」と表示される。困った。検索すると
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-windows_update/win7windows/3377d564-2426-40ff-a04c-d19c5e07e4e7
というのが引っ掛かった。最初のやり方をするも不可。2つ目のバッチ(bat)ファイルを作ることでうまくいった。

しかし、購入された時からWindows Updateをしていないので、アップデートファイルは170を超え、ファイルサイズは1G超え…さすが。できるだけ早くなるよう、有線LANをつなぎました。

あとは、ポチポチ見つかるAdobe Readerなどを最新のものにして、おしまい。ぜんぶで4時間くらいかかりましたね。もちろん他の作業もしながらですので付きっきりというわけではなかったですが、なんとなくすっきりしました。

 

別れの時。

DSCN1541妻の祖母が亡くなりました。95歳でした。

最近、栄養を摂取するのが難しくなっており、覚悟はしていましたが、それは言葉の上でのことであって、本当の意味での覚悟なんて、できるもんではないんだなぁと思いました。

連絡を受けて熊本にひとっとび、なんとか顔を見ることができましたが、眠っているように穏やかな顔で、亡くなったということが信じられないくらい。だからふしぎと涙は出ませんでした。

でも 数日後には もう顔すら 見ることのできなくなる別れが待っています。今にも起きてきそうなのに、再び息を吹き返すことはないという現実。じわじわと、悲しさとともに、人間の小ささと無力さを痛感させられます。

親族と過ごす数日間、そして葬儀で、ばあちゃんの ひととなりを 垣間見れるいろんなエピソードをお聞きしました。

ばあちゃんは関東大震災を経験しているんですよね。すっかり歴史上の出来事かと思ってしまいそうですが、妻の実家には震災を生き残ったお皿がまだ使われています。

父親の仕事の都合で台湾で生まれたばあちゃんは、東京で育ち、当時日本統治下だった台湾で代用教員をしたこともありました。じいちゃんが49歳で亡くなってしばらくして、子どもたち家族と同居するようになりました。

学習意欲を失わない、年齢を重ねてもシャッキリした姿は、若い人たちのいいおてほんで、どの地域に住んでも変わらない、小気味のいい東京弁がトレードマークでした。都会育ちでしたが、自然や花や緑が好きで、熊本・阿蘇に移り住んだときは本当に喜んだといいます。

お葬式の際には、式場に明るさをそえるため、友人たちが花を用意してくれました。ばあちゃんの好きだった紫色が多くあしらわれた生花でした。

ばあちゃんの人生に思いを馳せつつ、力に変えて がんばらねば。