無料メールソフト“Thunderbird”は自分にとっては使いやすい。その昔、Windows® XP に付属していたMicrosoft® Outlook Express を使っていたのですが、これがメールデータ2GBを超えるころからエラーが頻発し、使い物にならないと感じたので、思い切ってThunderbirdに乗り換えました。無料で提供されているバックアップソフト「MozBackup」(>>日本語版)でメールのバックアップが取れたり、最近では簡単に全文検索ができたりと、重宝しています。

ただし、この検索機能あたりが災いしているのか、最近「データの最適化」なる機能が原因で、メールの読み込みに時間がかかったりすることがあります。データの最適化が終わるか終らないかというような状況の時に、大量に入ってくるできれば早く消し去りたい迷惑メールをごみ箱入れようとすると「最適化中」だとはじかれまる。まぁ、気長に待てばいい話なのですが、ついつい急いでしまい…プログラムの方が悲鳴をあげて、次回開いた時には「ごみ箱」フォルダが消えてなくなっている! ということが最近数回ありました。いろいろネットの情報を読んで試してみるのだが、どれも簡単でズバリというのはなく、結局この方法に落ち着きました。また自分がやってしまったときのメモ代わりですが、もし同じ状況になった人がいれば参考にしてほしいと思います。

Thunderbird から「ごみ箱」が消えた時の対処法
※keさんから簡単な方法を教えていただきましたので差し替えました。
※場所の呼び名についてはThunderbird 公式サイト[画面構成と基本操作]を参照ください。

(1)Thunderbirdを起動。

(2)フォルダペイン※(左側サイドバー)の下方にある“ローカルフォルダ”をクリック。

(3)メニューバー※(一番上の青い部分)から、[ファイル]>[新規作成]>[フォルダ]とクリック。

(4)[名前]の欄に[trash]を入力。[作成先]はそれぞれの作業環境により異なりますが、
ごみ箱が無くなったアカウントなどを選択し、[フォルダの作成]をクリック。
(ローカルフォルダのごみ箱が無くなった場合は、作成先は[ローカルフォルダ]を選択します)

※起動中のThunderbirdは必ず閉じてから行ってください。
【別のプロファイルを作成する】
(1) Windows スタートボタン>>「ファイル名を指定して実行」をクリック。
(2) thunderbird.exe -p と入力、「OK」をクリック。
(3) 「新しいプロファイルを作成」 をクリック。
(4) プロファイルの名前はできれば英数字で。例) Temp
(5) OKを押した後元の画面に戻るので、できたプロファイルでThunderbirdを起動。
(6) 「メールアカウント設定」が出るので、名前やアドレス、パスワードは適当に。
(7) しばらく待っていると「手動設定」ボタンが左下に出るのでこれをクリック。
(8) 「アカウント設定」画面になるがそのまま「OK」で終了。
   ※最近のThunderbirdでは、正しくアカウントを設定しないとメールボックスが
     作られないようなので、ご自身の持っているアカウントを正しく入力してください。
(9) Thunderbird を閉じる。

↑上記でできない場合は↓以下のやり方でできる場合もあるようです。

【ごみ箱を手動で修復】
(1) Thunderbirdのメールデータが入っている場所へ移動。
例) C:\Documents and Settings\(あなたのユーザ名)\Application Data\Thunderbird\Profiles
ここでいう「ユーザ名」はWindowsログオン時のユーザ名です。
(2)たぶんここに2つ(かそれ以上)のフォルダがあります。
名前は xxxx.aaa<    更新日時の一番新しいフォルダを開く。
別のフォルダ名は、作業(4)で必要なります。覚えておいてください。
(3)(更新日時の新しいフォルダ)>>Mail>>Local Foldersとさらに開いていく。
trash」ファイルと「trash.msf」ファイルがあると思います。
(4)上記2つのファイルを、
(更新日時の古いフォルダ)>>Mail>>Local Foldersにコピーアンドペースト。
これで、元のプロファイルのほうのごみ箱が修復されているはずです。

【作業用のプロファイルを削除】
(1) Windows スタートボタン>>「ファイル名を指定して実行」をクリック。
(2) thunderbird.exe -p と入力、「OK」をクリック。
(3) 古い方のプロファイル(もともとあったプロファイル)を指定して起動。
(4) ごみ箱が正常に表示され動けば成功です。
(5) 気になれば、Thunderbird終了後にもう一度 thunderbird.exe -pで起動して
一時的に作成したプロファイルを削除してください。
(その際、古い方のプロファイルを削除しないように…!)

…書いてみると結構大変な作業ですね(^_^;)
ただし、うちの環境でうまくいった作業方法なので、これでうまくいかなくても責任は負えません、すみません…バックアップを取るなどしてチャレンジしてみてくださいね。